子供の頃にほしかった
雨の話
風待亭
水色の月のひかり
月夜に海に出る

さがしものがあります
草いきれの中、野原を小石につまずきながらさがし歩いた
熱い砂に足の裏を焼きながら、潮風に吹かれた
この先に何があるのかと、長いトンネルを抜けたことも
確かにあるはずの何か・・・
​わたしには さがしものがあります

What I’m searching for is…

Stumbling on the stone I walked around in the strong smell of grass.

Walked around the beach in a sea breeze with the sole of my feet being

burnt on the hot sands.

Walked through the long tunnel searching for something.

There must be something…

There is something I need to find out.